西側工房の書籍セット

COVID-19(新型コロナ感染症)と郵便発送について

国によっては国際郵便に制限がある場合があります。 日本郵便のお知らせを確認しておりますので、商品の発送が困難、または遅延が発生する可能性がある場合には警告を出しております。

セール

西側工房の書籍セット

¥2,310 ¥2,000

西側工房から刊行された初の2冊セット。 C.F.ライヤルの「小笹:小説と詩」と執行弥栄美の「アンダルシアの犬を想う日々:私の右目の網膜剥離の場合」のセットです。

在庫95個

商品コード: NKP-S-001 カテゴリー: ,

説明

西側工房から刊行された初の2冊セット。

C.F.ライヤルの「小笹:小説と詩」と執行弥栄美の「アンダルシアの犬を想う日々:私の右目の網膜剥離の場合」のセットです。

Ozasa cover for footer

日常のイメージ・ファンタジー

小笹:小説と詩
by C.F. ライヤル
A5, iv+68ページ
ISBN 978-4-9902663-0-1

福岡市小笹の生活体験を綴った物語、詩、写真、イラスト。 蜂、蜘蛛、蟻、子供、スリッパ、労働者、神道の宮司、古代の皇帝、そしていくつかの怪物に出会う。 コミュニティの端で、優しく暖かい観察をする。

網膜剥離になってしまった!

アンダルシアの犬を想う日々:
私の右目の網膜剥離の場合
by 執行弥栄美
A5, 104ページ
ISBN 978-4-9902663-1-8

2006年夏。 突然の入院と3回の全身麻酔手術。 その後の合併症と4回目の手術。 文章と絵でおおくりする網膜剥離日記。 欲張りな日英バイリンガルです!

Andalusia cover for footer

追加情報

重さ 375 g
サイズ 210 × 148 × 17 mm

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。